トップページ > 2階建てシリーズ

2階建てシリーズ

2階建てシリーズ
yess建築の技術とノウハウをそのまま継承して、1階部分の用途や2階部分の積載荷重に応じて様々な組合せをすることで在来工法とyess建築のメリットを活かした大スパンの総2階建を実現するシリーズです。
2階建の倉庫や工場に事務所や展示コーナーなど、目的の異なる空間を設けることができます。
意匠・構造は「スーパーラピッド」や「ラピッドプラス」ならではの技術をそのまま継承しています。
3つのシステムと在来工法の複合してより多目的な建築として優れたメリットがあります。

2階建シリーズ システム構成

2階建シリーズ
■2階建シリーズ仕様
建物用途 総2階建の工場・倉庫
最大16m
屋根勾配 SSルーフ・SSダブルルーフ=3〜15/100
PXルーフ・Pダブルルーフ =4〜15/100
Pリブ=6〜15/100
(地域によって一部勾配が変わります)
階高 1階及び2階共に0.1mピッチ最大15m
(積載荷重により異なります)
対象地域 国内全地域 外壁仕様 Vリブウォール・フラットヴァンド35V
2階積載荷重 標準1000kg/u以下 最大1500kg/u以下 (条件による) Vリブ断熱材 PB12.5mm・PB12.5mm×2枚貼り
2階床スラブ (デッキ50mm+スラブ厚800mm)〜(デッキ75mm+スラブ厚100mm)   ガラス繊維フェルト5mm・無機質プラスチックフォーム4mm
階段 屋内・屋外共にyess標準鉄骨階段とする。 大庇出寸法 桁行1m〜7m(0.5mピッチ) 4mを越える場合は吊庇
搬送設備の想定 フォークリフト 最大積載荷重1.0t以下(2階部分) 妻面1m〜4m(0.5mピッチ)
屋根形状 切妻または片流れ 小庇 出寸法=1.0m・1.5m
屋根仕様 SSルーフ Pリブルーフ PXルーフ PWルーフ SSダブルルーフ W寸法=2.0m・3.0m
屋根断熱材 ガラス繊維フェルト5mm 無機質プラスチックフォーム4mm ペフ4mm Yマット50mm ユニット庇 出寸法=600mm
下屋 原則設置不可(2.0mか〜5.0mで本体架構にピン接合は可能) W寸法=1,010mm・1,465mm・1,920mm・2,830mm・3,740mm
揚重設備 エレベーター・ダムウェーター 揚重1t以下 パラペット 棟高+0.5m 軒樋は外樋を原則とする
寸法単位:mm

ページトップへ戻る

2階建シリーズ 適用範囲

断面図
写真
平面図

フレームタイプと接合形式

2階建システムのフレームタイプには1階柱と2階柱が連続する「通し柱タイプ」と
1階と2階の柱が分離する「上乗せタイプ」があり構造設計により決定します。
フレームタイプ
通し柱タイプ
H柱上乗せタイプ
H柱上乗せタイプ
通し柱タイプ
H柱上乗せタイプ
H柱上乗せタイプ
・1階柱から2階柱まで通し柱としたタイプ ・1・2階共ラーメン・ブレース構造
・柱を1階と2階で分離柱脚を高力ボルトで剛接合す
・1階は両方向ラーメン、2階はラーメン・ブレス構造
・柱を1階と2階で分離、2階柱脚をピン接合するタイプ
適用の目安 1階にブレースが設置でき1階ラーメンが比較的軽微な場合
積載荷重 2900〜4900(N/u)以下
1階の柱間隔が広く、1階ラーメン部材が大きくなる場合
製作・輸送制限の為柱を分割する場合
積載荷重 2900〜4900(N/u)以下
積載荷重 7800(N/u)以上
1階にブレース構造が採用出来ない場合
1階柱断面 H型 H型 □型
2階柱断面 H型 H型 H型
2階柱柱脚部
接合形式
剛接合 ピン接合

建物高さ

軒高 H
1階h1
2階h2
最大16,000
1階h1階h1+2階h2
寸法単位:mm

建物高さ

外装システム
建物長さ
桁行間隔
中間部A寸法
端部B寸法
Vリブウォール
18,000〜
(@900ピッチ)
5,400〜9,000
(@900ピッチ)
4,050〜9,000
(@450ピッチ)
Yヴァンド35V
18,864〜
(@600ピッチ)
5,400〜9,000
(@600ピッチ)
4,092〜8,892
(@300ピッチ)
寸法単位:mm

部分2階のバリエーション (部分2階も可能です)

2階計画
断面参考例
タイプ1
タイプ2
タイプ3
タイプ1
タイプ2
タイプ3
2階伏図
平面参考例
2階伏図
2階伏図
は2階床を示します。
・−−−は1階部鉛直ブレースを示します。 は2階床を示します。
※ブレース位置は、1階部の構造形式や2階床荷重により決定します
※図柱L、Bについては積載荷重などにより制約される場合があります。
ページトップへ戻る

フレームタイプと接合形式

フレームタイプと接合形式
フレームタイプと接合形式

各フレームタイプの呼称

呼称記号
通し柱タイプ
リジットフレーム
(RF)
 RF-C0〜C17
リジットフレーム(RF)RF-C0〜C17
リジットフレーム(RF)RF-C0〜C17
呼称記号
上乗せタイプ
リジットフレーム
(RF)
RF-HC0〜HC8
RF-PC0〜PC8
リジットフレーム(RF)RF-HC0〜HC8RF-PC0〜PC8
リジットフレーム(RF)RF-HC0〜HC8RF-PC0〜PC8

 

呼称記号
通し柱タイプ
連続フレーム
(CB1)
CB1-C1〜C17
連続フレーム(CB1)CB1-C1〜C17
呼称記号
上乗せタイプ
連続フレーム
(CB1)
CB1-HC1〜HC17
CB1-PC1〜PC17
連続フレーム(CB1)CB1-HC1〜HC17CB1-PC1〜PC17

 

呼称記号
通し柱タイプ
連続フレーム
(CB2)
CB2-C2〜C23
連続フレーム(CB2)CB2-C2〜C23
呼称記号
上乗せタイプ
連続フレーム
(CB2)
CB2-HC2〜HC23
CB2-PC2〜PC23
連続フレーム(CB2)CB2-HC2〜HC23CB2-PC2〜PC23
建物幅W
RF:最大45m、CB1:90m、CB2・CB3:最大120m 注)yess屋根パネルタイプにより適用範囲に制限があります。
スパンL
L:5m〜15m 注)最大スパンは2階の積載荷重など基本計画により制限されます。

施工事例

施工事例
施工事例
施工事例
施工事例
施工事例
施工事例

ページトップへ戻る
Copyright(C) 小林工業株式会社 All Rights Reserved.