トップページ > スペースMAX

スペースMAX

スペースマックス
スペースMAXは、80u〜800u規模までの工場・倉庫・物流センター・車庫・納屋・店舗等に最適な「究極のシステム建築」です。
従来の規格型システム建築「スーパーラピッド」シリーズのメリットを継承し、設計から部材加工までコンピューター処理をしていますので品質の安定性と、よりリーズナブルな価格と短工期を実現したシリーズです。
錆に強いガルバリウムメッキ鋼板を採用するなど、高い耐久性を誇り、外壁を「フラットヴァンド」を採用する事で高断熱仕様にする事もできます。
また、「防火ヴァンド」を外壁に採用する事で防火構造の建物にする事もできます。
内装工事を施すことによりいろいろな用途に採用できるシンプル構造になっています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スペースMAX システム構成

4面ブレース構造

基礎工事の合理化を図り工期短縮と経済性を高める「MAX基礎」

MAX基礎の特徴

■ 基礎梁を扁平断面にし、フーチング部分の基礎底 基礎の小型化が図れます。基礎の小型化が図れます。

■ 基礎梁を扁平断面にし、フーチング部分の基礎底までの深さを極力抑えることで、フラット基礎と在来基礎では、掘削量と残土処理量で最大約50%基礎梁の型枠は約40%の削減が可能となります。

■ 施工数量の削減によって、工事工数を減らし、工期を大幅に短縮できるためお引き渡しまでの日数も短縮できます。

布基礎
MAX基礎





















ページトップへ戻る
この仕様、この品質。そしてこの空間。
一貫したコンピュータ処理により、高い仕上がり精度と工期の短縮を実現できます。
■スペースMAX仕様
積雪加重 一般地域:積雪深30〜90cm×20N
軒高 3.4m〜6.5m(0.1mピッチ) 高軒側
建物面積 80〜800u
建物長 最大6.3m×6スパン=37.8m
桁間 2.7m・3.6m・4.5m・5.4m・6.3mを自由に組み合わせ可能
段差庇 出寸法=0.85m〜1.5m
DX化粧庇 出寸法=01.0m・1.5m
屋根勾配 4/100
土間レベル 布基礎:FL=設計用GL+100
MAX基礎:FL=設計揚GL+土間スラブ厚
土間スラブ厚 120mm・150mm・180mm・200mm
腰壁 H=FL+200・FL+600/厚=120mm・200mm
地耐力 布基礎 :35kN/u(3.5t/u)以上
MAX基礎:50kN/u(5.0t/u)以上
屋根仕様 SSルーフ・Pリブルーフ(GL素地のみ)
屋根断熱材 ガラス繊維フェルト5mm・無機質プラスチックフォーム4mm
高難燃ポリ・発砲ポリ・Yマット50・Yマット100
外壁仕様 Pリブウォール
フラットヴァンド35V・防火ヴァンド50V
外壁断熱材 ガラス繊維フェルト5mm・無機質プラスチックフォーム4mm
高難燃ポリ・発砲ポリ・プラスターボード12.5×1枚・2枚
外壁防火構造 Pリブウォール+プラスターボード12.5
2枚 防火ヴァンド35V
軒樋・ケラバ yess建築標準色
縦樋 VU100・VU75
ページトップへ戻る
Copyright(C) 小林工業株式会社 All Rights Reserved.